ブログトップ | ログイン

FASHION murmur

lacquer817.exblog.jp

<   2018年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

NEW MODEL TROUSERS INSPIRED FROM ARISTOCRATIC EQUESTRIAN LOOK

新しいデザインのパンツをご紹介致します。デザインのインスピレーションは、乗馬用の JODHPUR PANTS からイメージしています。
d0155468_11225508.jpg
ファスナーで留めるポケットが特徴です。
d0155468_11235058.jpg

d0155468_11240958.jpg

d0155468_11242370.jpg

d0155468_11244052.jpg
シルエットを若干細身に仕上げました。
d0155468_11253667.jpg
ファスナーに配した革の持ち手は、ハンドメイドのバッグを手掛ける職人さんに依頼して手縫いで仕上げ、パンツの色に合わせて革の色を使い分けています。
d0155468_11293772.jpg

d0155468_11302204.jpg

d0155468_11303787.jpg

d0155468_11305510.jpg
パンツの色に調和する帯裏に配したシャツ生地
d0155468_11320610.jpg
帯後ろに入るバックスリット
d0155468_11331476.jpg

d0155468_11333243.jpg

d0155468_11334866.jpg

d0155468_11340458.jpg
JODHPUR PANTS に見られる山型の短い持ち出し

今回のニューモデルのリリースに当たって、既製品及び、1月末までの受注分につきましては、本来発生するファスナーのコスト(+¥5,000)を特別にサービスさせて頂きます。

MOLESKIN ORANGE,RED
FABRIC BY BRISBANE MOSS
WOVEN IN ENGLAND: ¥39,000+tax

MOLESKIN NAVY,BEIGE
FABRIC BY EMMETEX
WOVEN IN ITALY: ¥29,000+tax

アリストクラティックな EQUESTRIAN STYLE をイメージして、JOCKEY BLOUSON 、TURTLENECK 、JODHPUR BOOTS 、BIT LOAFER 、SNEAKER などとのコーディネイトをお勧めします。
d0155468_11534003.jpg

d0155468_11540205.jpg

d0155468_11543231.jpg

d0155468_11545625.jpg
昨今アイコニックに伝えられるラグジュアリーやセレブリティーと言ったカジュアルウェアは、どこかギラギラとした押し出しの強い印象を受けますが、それとは対極にある控え目ながらも上質で、品性のあるエレガンスが感じられるスタイルがオフの日の装いにも必要だと思います。
d0155468_12020520.jpg

P.S インスタグラムを開設致しました。ご興味のある方はご覧下さい。ippei_nishiguchi_lacquer_and_c
d0155468_12034943.png



by lacquerandc | 2018-12-26 11:18 | hitoshi's view | Comments(0)

年末年始の営業日のお知らせ

年内29日(土)まで営業し、新年5日(土)からスタート致しますのでよろしくお願い致します。
年内最終日の29日(土)は、夕方早めに閉店させて頂きますのでお問い合わせ下さい。
大阪店 TEL 06-6534-8300
東京店 TEL 03-3404-8130


by lacquerandc | 2018-12-25 16:56 | INFORMATION | Comments(0)

ULTIMATE SARTORIAL TROUTHERS HAND MADE IN INDIA BY CAMESSI EXCLUSIVELY FOR lacquer&C.

シャツの生産を依頼しているインドのシャツメイカー、CAMESSI社があります。まだ歴史が浅い会社ですが、世界最高品質のシャツを作る目的でスタートし、現在世界最高品質のシャツを作るための体制が整っています。長い養成期間を経て、本番の生産を請け負える状態に育った選ばれた職人の方々が手掛けられています。
シャツからスタートしてノウハウを培い、サルトリアルなテイラードクロージングに向けてもその考え方は貫かれ、数年に渡り準備期間を持った上でトラウザーに関しては生産出来る様になりました。1年半程前に、ラクアアンドシーのお店にCAMESSI社の人間がトラウザーのサンプルを持って訪ねて来た時、そのクオリティーに感銘を受けました。そこでラクアアンドシーとしてはハンドメイドのトラウザーを作る運びになり、こちらの考えを伝えた上で、国内ではなかなか出来ないハンドメイドのトラウザーを完成させることが出来ました。南イタリアのナポリなどに特徴的にありますが、こちらはその対極にある、例えばHERMES社のバッグの様に徹底的に緻密で正確なものであり、手仕事であることを全く感じさせない程の究極のハンドメイドと言えるものに仕上げられています。
KITONやATTOLINI、DAVENZAやSAINT ANDREWSの様なGRANDE SARTORIA と言われる、ハンドメイドの高級既製品の仕立てを中心とする工場規模のサルトリアルなスーツになると、日本での販売価格は60万円位からが相場になっていると思われますが、生地の用尺とコストからトラウザーはその約3分の1が目安になり、そう考えると約20万円位のものになる様に思われます。特に日本市場では上着と比較すると、パンツは消耗品という意識からか、相場が安いものという既成概念で扱われがちなのが現状です。しかし、シーズンを通してパンツは常に必要なものであり、決して疎かに出来ない重要なものだと思います。イタリアの高級既製品のトラウザーを基に考えたら、CAMESSIのトラウザーはそれと比較すると品質と価格のバランスでは、逆にリーズナブルと言えるものだと思います。是非一度お試し下さい。
d0155468_14211690.jpg

d0155468_14224302.jpg

d0155468_14231309.jpg

d0155468_14233126.jpg
シャツメイカーであることを生かしたシャツ地を配した帯裏
d0155468_14252700.jpg
片玉縁の周囲に入るハンドピックステッチ
d0155468_14261963.jpg
手縫いによるカンヌキ
d0155468_14263211.jpg
パンチェリーナや比翼に至るまでのハンドメイドボタンホール
d0155468_14281548.jpg

d0155468_14284113.jpg
サイドに入るハンドピックステッチ
d0155468_14325342.jpg
¥110,000+tax
d0155468_14342450.jpg
¥73,000+tax
d0155468_14345691.jpg
¥73,000+tax
d0155468_14375501.jpg

d0155468_14384294.jpg

P.S インスタグラムを開設致しました。ご興味のある方はご覧下さい。ippei_nishiguchi_lacquer_and_c
d0155468_14361688.png

by lacquerandc | 2018-12-15 13:38 | hitoshi's view | Comments(0)

BRUSHED SHETLAND a.k.a. 'SHAGGY DOG' KNIT WEAR F/W 2018

昨年ご好評頂きましたスコットランドのシャギードッグセーターを、新色を加えたカラーバリエーションでご用意致しました。シャギードッグとは、シェットランドセーターをアザミのトゲで引っ掻いてむく犬の様に起毛させるスコットランドに伝統的にある技法です。薄くあま目に編まれたものを、軽く膨らみのある風合いに仕上げます。
d0155468_21355565.jpg

d0155468_21365115.jpg
アメリカの名店の1つで、アイビーリーガー御用達であるJ.PRESS社の商標であり、古くからの名品として定評のある商品です。自分達の中でも幾度かのリバイバルがあり、代表の西口が在籍していた大阪の伝説的なMEN'S STORE "ナカガワクロージング" 時代の1985年が最初のタイミングになり、当時 ROBERTSON社の"DONACHIE"と言うブランドで扱っていたそうです。その頃J.PRESSのシャギードッグセーターは国内の流通が無い珍しい商品で、メールオーダーか直接アメリカのお店に行かないと手に入らないもので、まだ西口が学生の頃の70年代後半にアメリカのJ.PRESSで直接買った話しを聞きました。
それから2回目のリバイバルは、ARISTOCRATICO在籍時の2000年にイタリアのピッティ買い付けの時に、幾つかのスコットランドの会社が集まって出店していたブースがあり、その中からLAURENCE J.SMITHに依頼して作ってもらいました。
そして昨年今年と3度目4度目になり、今また70年代後半から80年代初頭の世界的なブームだったプレップ感が良く思えます。ビビットな色目や軽い感じは、その当時のアイコンであるANDY WORHOLやDAVID HOCKNEY、KEITH HARINGに代表されるニューヨークのポップな空気感を彷彿させて、いつも時代の最先端の感覚に寄り添えているものだと思います。2018年の今に置き換えても気分の良いエバーグリーンなものではないでしょうか。
d0155468_22020383.jpg

d0155468_22025674.jpg

d0155468_22033814.jpg
今回のシャギードッグセーターはシームレスのホールガーメントタイプのボディになり、シャギードッグとしては珍しいケーブル編みでリクエストしました。80年代当時J.PRESSのシャギードッグセーターには、プレーンな編み地とケーブル編みの両方があったそうですが、他ではほとんどプレーンな編み地のものしか見られず、自分達にとっても初めての取り扱いになります。ケーブルの編み地の柄がシームレスで編まれることにより、肩や身頃で柄が分断されることなく、軽く柔らかい雰囲気が表現出来ています。¥24,000+tax
d0155468_22111946.jpg

d0155468_22120506.jpg

d0155468_22140449.jpg

d0155468_22150503.jpg

d0155468_22154403.jpg

d0155468_22163253.jpg

d0155468_22173112.jpg

d0155468_22185102.jpg

P.S インスタグラムを開設致しました。ご興味のある方はご覧下さい。ippei_nishiguchi_lacquer_and_c
d0155468_22223960.png

by lacquerandc | 2018-12-06 21:25 | hitoshi's view | Comments(1)

大阪店営業日変更のお知らせ

いつもラクアアンドシーをお引き立ていただきまして有難うございます。
d0155468_23355617.jpg
暖かい中での師走のスタートとなりましたが、週末からはぐっと冷え込むもようです。それに合わせて、お店にはハートウォーミングなニットも多数届いています❗
d0155468_23363276.jpg
年末年始のお出掛けにいかがでしょうか。皆様のお越しをお待ちしています。
さて、そんな中ではありますが、大阪店は来週10日(日)をお休みに、11日(月)を営業日に変更させていただきます。ご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願いいたします。


by lacquerandc | 2018-12-02 23:15 | INFORMATION | Comments(0)