ブログトップ | ログイン

FASHION murmur

lacquer817.exblog.jp

<   2018年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

CAREFULLY HAND MADE TIES BY ITALIAN HISTORICAL MANUFACTUR IN MILANO EXCLUSIVELY FOR lacquer&C.

1900年代初頭にイタリアのミラノで創業した歴史ある老舗ネクタイメイカーとの取り組みによるオリジナルタイをご紹介します。こちらのネクタイメイカーは、ネクタイ芯地を中心とした副資材などを自社で生産することで知られ、世界有数のネクタイメイカーからのOEMも請け負っています。全てセッテピエゲの仕様になっており、今では世界的な規模で減少している貴重なハンドヘムの技法で仕上げられています。南イタリアに代表されるるハンドメイドのニュアンスとは異なり、北イタリアのミラノらしさが感じられる端正なハンドメイドのニュアンスが味わえます。こちらも私達のリクエストによる、10cm幅のワイドボトルネックシェイプに仕上げています。 PRINTED SILK ¥25,000 WOVEN SILK ¥26,000
d0155468_14565695.jpg

d0155468_14571775.jpg

d0155468_14575447.jpg

d0155468_14582487.jpg

d0155468_14584282.jpg

P.S インスタグラムを開設致しました。ご興味のある方はご覧下さい。ippei_nishiguchi_lacquer_and_c

d0155468_14595854.png


by lacquerandc | 2018-02-24 14:40 | hitoshi's view | Comments(0)

70s ~ 80's TASTE STRONG COLORED STRIPE & PAISLEY SILK TIES MADE IN ITALY ESPECIALLY FOR lacquer&C.

70年代から80年代にかけてのイメージの生地を用いたイタリア製のオリジナルタイをご紹介します。この時代の TURNBULL&ASSER や CHARVET に見られる様な主張のある洗練された色使いのストライプ柄と、80年代全盛期のETRO を代表するペイズリー柄をモチーフに作りました。シックなスーツに良く合い、スポーティーな素材のジャケットにも合わせて頂けます。こちらも私達のリクエストによる10cm幅のワイドボトルネックシェイプに仕上げています。 ¥16,000
d0155468_15064110.jpg

d0155468_15070842.jpg

d0155468_15075405.jpg

d0155468_15081780.jpg

d0155468_15083631.jpg

P.S インスタグラムを開設致しました。ご興味のある方はご覧下さい。ippei_nishiguchi_lacquer_and_c

d0155468_15100360.png


by lacquerandc | 2018-02-22 14:56 | hitoshi's view | Comments(2)

三寒四温

いつもラクアアンドシーをお引き立ていただきまして有難うございます。
一月半ば、真冬の装いから段階的に軽く、明るく見せるようにしてきた店頭ディスプレイ。今回で一気に脱冬物アイテムです。
d0155468_18031053.jpg
実際の街の装いからすると、一月半程は早いと思います。がそんな平地に暮らす者ですら、もう寒いのはええわ❌と思ってしまう年明けからの寒さ。雪の多い地方の方々のご苦労はいかばかりか❗と頭が下がります。
d0155468_16570076.jpg
と言うことで、先ずは春服を着る前のインターバルとして、先のブログでも紹介しているネクタイやポケットチーフを使って、マンネリ化した日々のコーディネイトを新鮮なものにしてみるのも良いでしょう。そうしている内に必要なアイテムや着てみたい生地等も思い浮かんで来るのではないでしょうか。
d0155468_18060087.jpg
また、以前にも申し上げましたが、ネクタイの結び方など是非お気軽に聞いて下さい。イラストや動画ではなかなか伝わりきらないと思います。キレイにピシッと締められてこそ、ネクタイをする気持ち良さがわかりますから。

『お知らせ』
大阪店は来る3月4日(日)を休み、翌5日(月)を営業します。よろしくお願いいたします。

by lacquerandc | 2018-02-21 16:37 | coordinate | Comments(0)

70's ~ 80's TASTE PRINTED SILK TIES & HANKS MADE IN ITALY ESPECIALLY FOR lacquer&C.

70年代から80年代にかけてのイメージの生地を用いたイタリア製のオリジナルタイと、ポケットチーフをご紹介します。この時代の全盛期の Emilio Pucci を彷彿させる、ボールドで色彩豊かなポップなビンテージテイストをモチーフに作りました。シックなスーツに良く合い、スポーティーな素材のジャケットにも合わせて頂けます。こちらも私達のリクエストによる10cm幅のワイドボトルネックシェイプに仕上げています。 TIES ¥16,000 HANKS ¥8,000
d0155468_16205901.jpg

d0155468_16211819.jpg

d0155468_16222354.jpg

d0155468_16225196.jpg

d0155468_16231846.jpg

d0155468_16234144.jpg

d0155468_16240751.jpg

インスタグラムを開設致しました。ご興味のある方はご覧下さい。ippei_nishiguchi_lacquer_and_c

d0155468_16254691.png

by lacquerandc | 2018-02-16 16:09 | hitoshi's view | Comments(0)

70's ~ 80's TASTE PRINTED SILK TIES MADE IN FRANCE ESPECIALLY FOR lacquer&C.

70年代から80年代にかけてのイメージの生地を用いたフランス製のオリジナルタイをご紹介します。イギリスやイタリアにはあまり見られない柄で、HERMES や GUCCI に代表されるビットのモチーフ柄や、CHARVET に見られるマルチな幾何学柄をイメージしています。シックなスーツに良く合い、スポーティーな素材のジャケットにも合わせて頂けます。こちらも私達のリクエストによる10cm幅のワイドボトルネックシェイプに仕上げています。 ¥17,000
d0155468_15365990.jpg

d0155468_15372933.jpg

d0155468_15374882.jpg

d0155468_15380643.jpg

P.S インスタグラムを開設致しました。ご興味のある方はご覧下さい。ippei_nishiguchi_lacquer_and_c

d0155468_15391678.png


by lacquerandc | 2018-02-07 15:25 | hitoshi's view | Comments(0)

大阪店営業日変更のお知らせ

いつもラクアアンドシーをお引き立ていただきまして有難うございます。
大阪店は都合により2月10日(土)を休業し、12日の㊗月曜日を営業することになりました。10日にご予定を立てておられたお客様にはご迷惑をおかけすることになり、申し訳ありません。また11日までの期間でヴィンテージ生地のオーダーを受け付けておりますが、10日にご予定のお客様は日時を調整しますので、お申し付けください。
d0155468_15152492.jpg
早いもので2月になりました。厳しい寒さが続きますが、近所の桜の木にはしっかりと新芽が付き、小鳥のさえずりも心なしかよろこんでいるよう。
店頭にはまだ春物はわずかですが、生地を選んでお作りになるには、そろそろ良い時期かと思います。
皆様のお越しをお待ちしております。

by lacquerandc | 2018-02-02 14:34 | INFORMATION | Comments(0)

NEAPOLITAN HANDMADE TIES by E.G.CAPPELLI ESPECIALLY for lacquer&C.

英国 ADAMLEY DAVID EVANS社のハンドプリントシルクを用いた、ナポリ製ハンドメイドのオリジナルタイをご紹介します。私達のリクエストによる10cm幅のワイドボトルネックシェイプに仕上げています。 ¥23,000 ¥25,000(ANCIENT MADDER PRINT SILK)
d0155468_18161081.jpg

d0155468_18163488.jpg

d0155468_18165610.jpg

d0155468_07041908.jpg

d0155468_18171679.jpg

P.S インスタグラムを開設致しました。ご興味のある方はご覧下さい。ippei_nishiguchi_lacquer_and_c

d0155468_18183491.png

by lacquerandc | 2018-02-01 18:07 | hitoshi's view | Comments(0)