ブログトップ | ログイン

FASHION murmur

lacquer817.exblog.jp

<   2016年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

PANTALONI DI SARTORIA GIAPPONESE

少し起毛加工が施された肌触りの良いコットン生地を使って、サルトリアルテイストのエレガントなパンツを作りました。
d0155468_18082249.jpg
耐久性や機能性だけにフォーカスしたストレッチ性を備えた洗い晒しのパンツでは無く、インドアテイストの質感のドレッシーなコットン素材で、クリースの入ったパンツが穿きたい気分です。
d0155468_18143949.jpg

d0155468_18150130.jpg
帯裏のマーベルトにはビスポークのパンツに見られるシャツ生地を配して、クラシックでありながらもそこから一歩進んだ新しい雰囲気のパンツに仕上がりました。
d0155468_18192503.jpg
2プリーツのベルトレスの仕様が繊細な素材感に良く合っています。今回は、リバースプリーツです。
d0155468_18231237.jpg
動きに対応するバックスリット 右のみ付くバックポケット
d0155468_18241624.jpg
ボタンフライ
d0155468_18254860.jpg
やや太めの5cm幅の帯 サイドまで来るロングストラップ
d0155468_18290533.jpg
この様なシェイプの効いたドレスシューズに、繊細な色使いのファインなロングホーズが良く合います。ターンナップカフは、少しエキセントリックに6cm幅位で仕上げてみたいと思います。
d0155468_18375653.jpg

d0155468_18382633.jpg
ツイードのジャケット等とのコーディネイトには勿論、ブルゾンやコートとの組み合わせにも良く合います。 ¥26,000
今年は、何時も以上にパンツが充実しています‼️


by lacquerandc | 2016-10-28 18:03 | hitoshi's view | Comments(2)

ITALIAN MADE ASCOT TIES ESPECIALLY FOR lacquer&C.

ウールのプリント地を用いたアスコットタイを作りました。表と裏は色調を合わせた柄違いの生地を使い、実際にどちらを表にしてもよいリバーシブルの仕様で仕上げました。これからのシーズンに首元を装いながら、防寒性も有りお勧めです。 ¥17,000
d0155468_12525154.jpg

d0155468_12532285.jpg

d0155468_12535568.jpg

d0155468_12542738.jpg

d0155468_12545806.jpg

d0155468_12553923.jpg

d0155468_12562699.jpg

d0155468_12571651.jpg

d0155468_12575089.jpg

d0155468_12581437.jpg

d0155468_12583816.jpg

by lacquerandc | 2016-10-23 12:40 | hitoshi's view | Comments(0)

ENGLISH MADE POCKET HANKS ESPECIALLY FOR lacquer&C. PART 2

d0155468_17180537.jpg
イギリスの老舗シルクメイカーである ADAMLEY DAVID EVANS 社の生地のテキスタイルデザインで腕を振るっていた ROBERT KEYTE 氏が創った ROBERT KEYTE 社で、オリジナルのポケットチーフを製作しました。
エスニックやプリミティブをイメージした柄を、ROBERT KEYTE 社にリクエストしてご用意しました。
こちらも前回の物と同じく、プリントの段階でポケットチーフ用に企画されたパネルを用いて、縁の始末を手かがりで仕上げています。
d0155468_17315358.jpg
WOOL 60% SILK 40% ¥11,000
d0155468_17333577.jpg
SILK 100% ¥10,000
d0155468_17344206.jpg
SILK 100% ¥10,000
d0155468_17354571.jpg
SILK 100% ¥10,000

by lacquerandc | 2016-10-21 17:16 | hitoshi's view | Comments(0)

ENGLISH MADE POCKET HANKS ESPECIALLY FOR lacquer&C. PART 1

d0155468_16022730.jpg
続きまして、英国 ADAMLEY DAVID EVANS 社で製作しましたオリジナルのポケットチーフをご紹介致します。一般的には、オールオーバーのシルク生地をポケットチーフ用にカットして作ることが多いですが、こちらはプリントの段階でポケットチーフ用に企画されたパネルを用いて、縁の始末を手かがりで仕上げています。 ¥9,000
d0155468_16110234.jpg

d0155468_16115532.jpg

d0155468_16123454.jpg

d0155468_16125561.jpg

d0155468_16132540.jpg

d0155468_16134391.jpg

d0155468_16140196.jpg

d0155468_16142118.jpg

d0155468_16143863.jpg

d0155468_16145840.jpg

d0155468_16151534.jpg

d0155468_16153996.jpg

d0155468_16155752.jpg

by lacquerandc | 2016-10-20 16:00 | hitoshi's view | Comments(0)

ITALIAN MADE POCKET HANKS ESPECIALLY FOR lacquer&C.

d0155468_16312309.jpg
ネクタイに続きまして、ポケットチーフの新作も揃いました。先ずは、イタリア製オリジナルからご紹介させて頂きます。 ¥8,000
d0155468_16364828.jpg

d0155468_16371406.jpg
d0155468_16374229.jpg

d0155468_16383566.jpg

d0155468_16393227.jpg

d0155468_16401741.jpg

d0155468_16411975.jpg






by lacquerandc | 2016-10-19 16:29 | hitoshi's view | Comments(2)

ITALIAN INNOVATIVE KNITTED TIES EXCLUSIVELY FOR lacquer&C.

d0155468_20425114.jpg
メランジ糸を用いて、ウェーブ状に編み立てた新色のニットタイを作りました。前回と同様にティッピングの仕様になっています。 ¥15,000
d0155468_20513817.jpg

d0155468_20541093.jpg

d0155468_20560470.jpg
両サイドを大剣にして、リバーシブルに編み立てた4ウェイ仕様のニットタイを作りました。ブルー系とブラウン系の2種類をご用意致しました。実際に1本で4色が楽しめて、ふとした動きでちらっと見える同系色の洗練された色のコントラストも洒落ています。 ¥22,000
d0155468_21104812.jpg

d0155468_21193605.jpg

d0155468_21203163.jpg

d0155468_21205614.jpg

d0155468_21212025.jpg

d0155468_21221328.jpg

d0155468_21223720.jpg

d0155468_21225618.jpg

d0155468_21231850.jpg

d0155468_21233862.jpg

by lacquerandc | 2016-10-15 20:37 | hitoshi's view | Comments(0)

ENGLISH MADE TIES ESPECIALLY FOR lacquer&C.

新作のイギリス製オリジナルのネクタイをご紹介させて頂きます。
d0155468_17171525.jpg

d0155468_17174735.jpg

d0155468_17192266.jpg

d0155468_17194730.jpg
イングリッシュシルク ジャガード ドット / チェック ¥22,000
d0155468_17230001.jpg

d0155468_17232346.jpg

d0155468_17234424.jpg

d0155468_17240537.jpg

d0155468_17243023.jpg

d0155468_17250001.jpg

d0155468_17251857.jpg

d0155468_17253602.jpg

d0155468_17255329.jpg
イングリッシュシルク プリント ¥18,000



by lacquerandc | 2016-10-14 17:13 | hitoshi's view | Comments(0)

FRENCH MADE TIES ESPECIALLY FOR lacquer&C.

続きまして、フランス製のオリジナルネクタイの新作をご紹介させて頂きます。 ¥17,000
d0155468_11141523.jpg

d0155468_11143951.jpg

d0155468_11145845.jpg
こちらのペイズリー柄は、ウールのプリントになります。
d0155468_11183713.jpg

d0155468_11185904.jpg

d0155468_11192053.jpg
こちらのペンギンのモチーフ柄は、シルクのプリントです。

by lacquerandc | 2016-10-14 11:10 | hitoshi's view | Comments(2)

ITALIAN MADE TIES ESPECIALLY FOR lacquer&C.

d0155468_13051282.jpg
今シーズンの新作のネクタイが続々と入荷しております。先ずは、イタリア製のオリジナルネクタイからご紹介させて頂きます。 ¥15,000
d0155468_13083439.jpg

d0155468_13090278.jpg

d0155468_13093051.jpg

d0155468_13100899.jpg

d0155468_13103474.jpg

d0155468_13110273.jpg

d0155468_13112148.jpg

d0155468_13115304.jpg

d0155468_13121597.jpg

d0155468_13124397.jpg

d0155468_13132265.jpg

d0155468_13134279.jpg

d0155468_13140067.jpg


by lacquerandc | 2016-10-13 13:02 | hitoshi's view | Comments(0)

PANTALONI DI SARTORIA NAPOLETANA

今は世界的なファッションの転換期にありますが、クラシックなメンズファッションにとってはトラウザーの役割は大きな影響力がある様に思います。長らく続いた浅過ぎる股上、細過ぎるシルエット、短か過ぎる股下の滑稽さは一般においても気付かれ出し、いよいよ流れが変わる兆しが現れて来ています。その一例として、それまでの流れに対してきびすを返す様に、股上を深くしたりプリーツを施してゆとりを取ったりする傾向が、ちらほら見られる様になって来ました。そうした事に付けられる形容詞として、「サルトリアル」や「クラシック」という言葉が見受けられますが、本来の意義からするともっと本質的に捉えるべき事であり、小手先のディテールの変化に使われる言葉では無い様に思います。私達は、その様な表面的な部分には関心が無く、トラウザーの本質的なクオリティーやテイストに眼を向けています。クラシコイタリアを代表する ROTA社 との取り組みも、その一部として力を入れています。
d0155468_18230489.jpg
ナポリには幾つかのパンツ専業の工房が存在します。今回ご紹介する工房はその中の一つで、私達にとっては約10年ぶりの取り組みになります。ブランド名にもなっている ANTONIO CUTILLO氏は、若かりし頃イタリアでも特に著名なマエストロである NICOLA FUSCHILLO氏に師事し、テイラーで上着も含めた仕立ての技術を身に付けました。そのプロセスの中でパンツに特化して独立した経緯があります。それが基で、現在のハンドメイドラインでは、テイラーの下請けのパンツの仕事を受けており、そのノウハウはインダストリアルのラインにも反映されています。秀逸な型紙とカッティングから来る洗練されたフォルムと、素晴らしい穿き心地が特徴です。又、ラクアアンドシーのリクエストによって、デザインや生地から来るテイストは独自のものに仕上げています。彼らはあくまでも工房なので生地のコレクションを持たないため、先日ご紹介しましたマーチャントである ARISTON の中から私達が選りすぐった生地を持ち込んで仕立てています。
d0155468_20061478.jpg

d0155468_20063900.jpg

d0155468_20080371.jpg

d0155468_20085272.jpg

d0155468_20092805.jpg

d0155468_20095790.jpg

d0155468_20163951.jpg
ボタンフライフロント
d0155468_20172823.jpg
バックスリット
d0155468_20183672.jpg
右のみ付くバックポケット
d0155468_20194376.jpg
クラシックなストライプ柄を用いたマーべルト
d0155468_20212542.jpg
今回のパンツはサルトリアルなジャケットに合わせる事はもとより、アウターやニットとのコーディネイトも楽しめるものになっています。無地の使い易さだけでは無く、柄や素材感のある生地を選んでいます。是非、新しい感覚に充ちたトラウザーのコレクションをご覧いただきたいと思います。
d0155468_20295437.jpg

d0155468_20301179.jpg
2000年当時の写真です。写真中央 ANTONIO CUTILLO 氏
IMPARATO 社にて
d0155468_20323475.jpg

d0155468_20325490.jpg
右側の写真は、若かりし頃の ANTONIO CUTILLO 氏 ( 手前左 )
と、マエストロサルトの NICOLA FUSCHILLO 氏 ( 手前中央 )
左側の写真、左が ANTONIO CUTILLO 氏




by lacquerandc | 2016-10-06 17:54 | hitoshi's view | Comments(0)