ブログトップ | ログイン

FASHION murmur

lacquer817.exblog.jp

AUTHENTIC SUITINGS FOR 4 SEASONS

ファッションビジネスのセオリーとして、1年を春夏と秋冬に分割すると言うのは、ある意味全世界共通のシーズンの捉え方になっています。特に日本の市場ではセールの時期がどんどん長くなり、実際の季節から大きくずれて、今やオンシーズンにセールが行われています。クラシックなテイラードクロージングにおいてはそのせいか、セールに合わせて春夏には夏に向く盛夏物を、秋冬には冬に向く真冬物の層を厚くしている傾向がある様に思います。
私達にとっては、シーズンを2回に分けるには無理があり、その上では確かに盛夏まで着られる物や真冬まで着られる物は大事だと思いますが、その分端境に着られる物の重要性も高まっています。今回、その様なシーズンに向けた素晴らしい品質の生地をご用意致しました。もちろんシーズンの汎用性が持ち味ではあるのですが、単に間物と言っても夏に向かって行く春の間物と、冬に向かって行く秋の間物が存在します。現実的には気分や素材感の違いがありますので、特に日本の様に四季の移り変わりが感じられる国として考えると、その時々の旬の物を味わえるのではないでしょうか。
d0155468_20255120.jpg
FABRIC BY DORMEUIL
HERRINGBONE / NAVY
d0155468_20291746.jpg
FABRIC BY WILLIAM HALSTEAD
SERGE SUPER 150's / C.GREY
d0155468_20321001.jpg
FABRIC BY WILLIAM HALSTEAD
SERGE SUPER 150's / NAVY
d0155468_20335752.jpg
FABRIC BY MINOVA
C.GREY BLUE × GREEN STRIPE
d0155468_20372011.jpg
FABRIC BY LORO PIANA
SERGE SUPER 120's / NAVY
d0155468_20395624.jpg
FABRIC BY LORO PIANA
SERGE SUPER 120's / BLACK
d0155468_20423468.jpg
FABRIC BY CANONICO
SERGE SUPER 110's / L.GREY
d0155468_20443281.jpg
FABRIC BY CANONICO
SERGE SUPER 110's / M.GREY
d0155468_20461145.jpg
FABRIC BY MARTIN SONS
FRESCO 2PLY / NAVY WINDOWPANE
d0155468_20493120.jpg
FABRIC BY MARTIN SONS
FRESCO 2PLY / M.GREY WINDOWPANE
d0155468_20512628.jpg
FABRIC BY FOX BROTHERS
FRESCO TYPE / NAVY
d0155468_20525693.jpg
FABRIC BY FOX BROTHERS
FRESCO TYPE / C.GREY
d0155468_20544955.jpg
FABRIC BY CANONICO
RUSTIC TROPICAL / C.GREY

# by lacquerandc | 2017-01-25 20:00 | hitoshi's view | Comments(0)

GIACCONE BY AGNONA'S KNITTED TEXTILE

ジャッコーネとはあまり耳慣れない言葉ですが、イタリア語で直訳すると大きなジャケットと言う意味です。丁度2000年頃に、ARISTOCRATICOと言うお店でそういった物を扱っていて、ある種そのリバイバルと言えます。
d0155468_20410077.jpg

d0155468_20414552.jpg

d0155468_20421724.jpg
今ある丈の短いテイラードコートとは違って、タイトフィットでは無く、コンフォートなカッティングになっています。厚手のニットの上にも着られて、テイラードジャケットの上に羽織っても防寒性を得られます。ただカジュアルで、機能面に特化しただけの物では無く、テイラードコンストラクションで出来ています。
d0155468_20484948.jpg

d0155468_20490617.jpg
AGNONA社は、今やZegnaグループの傘下になっている高級ミルの1つです。AGNONA社は独自の表現力があり、トレンド性と高級感を併せ持った屈指のメイカーです。Ermenegildo Zegnaと言うとメンズに特化したイメージですが、その中でAGNONA社は、レディース向きの高級で感度の高いテキスタイルが中心になります。今回使用している生地は、風合いや質感が非常に素晴らしいウールジャージーになります。目詰まり感のあるとてもどっしりとした生地でありながら、ジャージー生地の特性から来るナチュラルなストレッチ感があるのが特徴です。これによって、実際の重さを感じさせない快適な着心地に仕上がっています。
d0155468_21054137.jpg

d0155468_21061577.jpg

d0155468_21065067.jpg

d0155468_21071408.jpg

d0155468_21073933.jpg

d0155468_21080298.jpg
最近目に付いたり、耳にするクラシック回帰とは何なのか考えてみると、簡単に言えば懐古趣味やノスタルジックと言う事をイメージしてしまうのだと思います。そこで出てくるクラシックは、過去の物を再現した様な時代に合わない違和感のある物の様に思います。私達が見ているクラシックとは、現代に通じるクラシックであり、常に時代に寄り添っている感覚の物を言います。今回のコートは、私達にとって次の時代への新たな扉が開いたと確信しています。 ¥79,000


# by lacquerandc | 2017-01-22 20:30 | hitoshi's view | Comments(0)

UPDATED CLASSIC KNIT WEAR

オリジナルのクルーネックセーターを作りました。ガンジーセーターと言われるフィッシャーマンセーターのオリジナルモデルが有名ですが、それ故に個性が強い為、アップデイトしたスタイルの中に組み合わせ難いところもあります。そこで、ガンジーセーターのテイストを残しながらリファインした物を作りました。 ¥17,000
d0155468_14312846.jpg

d0155468_14314882.jpg

d0155468_14321584.jpg

d0155468_14323570.jpg

d0155468_14325225.jpg

d0155468_14331162.jpg

d0155468_14334663.jpg
もう1つは、英国製のクルーネックセーターをご用意しました。こちらは逆にオールドファッションな物ですが、その中で現代のテイストにそぐう物を選びました。
GREEN ¥38,000 NAVY ¥33,000
d0155468_14380452.jpg

d0155468_14382525.jpg

d0155468_14410514.jpg

d0155468_14412503.jpg

d0155468_14414301.jpg

d0155468_14420395.jpg
一見相反する様な2つの感覚に思われますが、どちらも今の時代に必要な要素だと考えています。






# by lacquerandc | 2017-01-18 14:23 | hitoshi's view | Comments(0)

MASCULINE CLASSIC SCARVES

私が待ち焦がれていた物が、ようやく入荷して来ました。
今やマフラー的なアイテムは、メンズとレディースの垣根が無くなって来ています。首元にランダムにボリュームを持たせたり様々です。クラシックウェアのカジュアル化が浸透し過ぎた事で、ジェンダーレス化は皮肉にもトレンド性を失って来ました。
オーセンティックなコートに合わせる今回の様なマスキュリンなネックウェアは、非常に入手が困難になって来ています。数年前に数社に分けて取り扱って来た中の1社では扱いが無くなり、今回継続したコモのメイカーにリクエストして製作する事が出来ました。
d0155468_20162774.jpg

d0155468_20164336.jpg
このサイズ専用のパネルにプリントした生地を用いているが故に、一般的に手に入り難く、よりクラシックな雰囲気を醸し出します。片面はシルク、もう一面には色を合わせたモダール地を使い、チューブ状に繋ぎ合わせたリバーシブルの仕様です。
d0155468_20235280.jpg

d0155468_20241118.jpg

d0155468_20242863.jpg

d0155468_20252714.jpg
性格上はクラシックな物ですが、現代的な色柄を選び、カシミアを始めトップコートに合わせたり、少し先のスプリングコートと呼ばれるかなり薄いアウターにも季節問わずお使い頂けます。オールドファッションな物ですが、現代に通じる物に仕上がっています。お勧めします。 ¥17,000
d0155468_20321166.jpg

d0155468_20323092.jpg

d0155468_20325863.jpg

d0155468_20331818.jpg

# by lacquerandc | 2017-01-12 20:00 | hitoshi's view | Comments(0)

NEW CUFF LINKS FROM ENGLAND

イギリスのカフリンクス専業のメイカーにリクエストした新作のカフリンクスが入荷致しました。
d0155468_12352724.jpg

d0155468_12354428.jpg

d0155468_12360018.jpg

d0155468_12361496.jpg
七宝の色に合わせて、プレートの色をゴールドとシルバーの組み合わせを考えて仕上げました。 ¥32,000
d0155468_12383376.jpg

d0155468_12384973.jpg

d0155468_12390686.jpg

d0155468_12415989.jpg



# by lacquerandc | 2017-01-11 12:31 | hitoshi's view | Comments(3)

CREAM FLANNEL TROUSERS FABRIC BY FOX BROTHERS FROM ENGLAND

d0155468_00033346.jpg
明けましておめでとうございます。本年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
英国 FOX BROTHERS 社のクリームフランネルを用いて、サルトリアルテイストのベルトレストラウザーを作りました。
d0155468_00103195.jpg

d0155468_00105807.jpg
元来テニスやクリケットなどのスポーツファブリックとしてルーツのあるクリームフランネルですが、その中でもこちらはLambs Wool で、ウェイトが 19/20 oz ( 540 ~ 570 g) もあり、フランネルの中では最もへビーウェイトな物に成ります。FOX BROTHERS 社は、1772年創業のフランネルの原点と言えるミルであり、なかなかそのクオリティーは手に入れ難い貴重な物です。FOX 社のストックプログラムには無い色目の素材のストックを、今回特別に反物で仕入れる事が出来ました。
d0155468_00254720.jpg

d0155468_00261990.jpg

d0155468_00264447.jpg
オールドスタイルなトラウザーにすれば元来のクラシックな装いにも良く合い、又、別の方向から見ればホワイトジーンズの様にも装えます。例えばLポケットの様なデザインにして、さりげなく穿いてみるのも素敵です。モダンな気分で表現出来たら面白いと思います。
d0155468_00453002.jpg
今回ラクアアンドシーとしましては、写真の様なベルトレスの2プリーツのモデルサンプルをご用意しました。こちらのモデルでのサイズオーダーの場合は、特別に¥39,000 ( 通常カットレングスを空輸した場合 ¥68,000 です。) とさせて頂きます。又、パーソナルなフィッティングやデザインにも対応致します。その場合には ¥44,000 となり、1月いっぱいの受注とさせて頂きます。限りあるストックの為、無くなり次第終了とさせて頂きますので、ご興味のある方はお早めにご覧下さい。


# by lacquerandc | 2017-01-01 00:00 | hitoshi's view | Comments(2)

OSAKA STORE と年末年始の休業日

いつもラクアアンドシーをお引き立ていただきまして有難うございます。
今年は例年になく月の半ばで忘年会がすべて終わりました。
ウレシイヨウナ、サミシイヨウナ・・・
d0155468_1520241.jpg

自慢か?と思わんといてくださいね。
何人かのお客さんから、上手いこと合わせはんなー、と言われます。
有難うございます、ほな買うて!と言いそうになります。
何でそこにグリーンのカーディガン持ってこれるの?
d0155468_15213123.jpg

紫のペイズリータイ自分ではよー選ばへんわー、などと言われます。
何で?と言われても困るけど、目の前の公園の木々の色づきが乗り移った!と言えばキザすぎますか?
でも私自身も自然志向が強いほうなので、そのような自然の色に対しての意識は常にあります。
使い古された言い方ですが、カントリーテイストとアーバンテイストの融合とか、洗練されたカントリーテイストとか。
ただそういう漠然としたくくりの中でも、自分たちのブランドらしさを表現することはとても大事なことだと考えています。
ファッションの世界でも企業や個人のITの活用がより高まり、トレンドやテイストの一極集中化はさらに顕著です。
我々のようなアナログ的で柔軟な取り組み方は、逆に新鮮に感じてもらえるのでは、などと2017年を前にちょっと期待してしまいます。
それにしても緑のカーディガン、ええ挿し色になっていますね。
枯葉の中の常緑樹のようで、自分でも新しい発見でした。

<年末年始休業日のお知らせ>
12月30日から新年1月4日まで休ませていただきます。
12月29日は午後5時過ぎ終了いたします。
 1月 5日から通常どおり営業いたします。
よろしくお願い申し上げます。
# by lacquerandc | 2016-12-16 17:01 | INFORMATION | Comments(4)

DISTINCTIVE PEA COAT BY GLOVERALL

d0155468_14345831.jpg
英国GLOVERALL 社にリクエストして、REEFER スタイルのピーコートを作りました。ネイビーの地厚なメルトンウールを使用して、両前仕立てやハンドウォーマー、チンストラップなどのクラシックなデザインに仕上げています。現代のタイトフィッティング、ショートレングスのモデルではなく、中にも厚手のセーターなども重ね着出来る様な、ゆとりのあるフィッティングに仕上っています。 ¥72,000
d0155468_14492027.jpg

d0155468_14495568.jpg
d0155468_14501945.jpg

d0155468_14504727.jpg

d0155468_14511787.jpg

d0155468_14513420.jpg

d0155468_14515318.jpg

# by lacquerandc | 2016-12-15 14:32 | hitoshi's view | Comments(2)

DISTINCTIVE TRENCH COAT BY GRENFEL

オーセンティックな英国製のトレンチコートをご用意しました。GRENFEL 社による、Kensington 2 と呼ばれるモデルをベースにし、同社を代表するGRENFEL CLOTH ( 高密度に織られたコットンギャバジン )を用いて製作しました。GRENFEL CLOTH の色は、敢えてのブラックを選びました。
現行の GRENFEL は、フィッティングがタイトにリニューアルされたモデルが中心に成りますが、こちらのモデルはオーセンティックなクラシックフィッティングで、用尺もたっぷりと摂られたシルエットが特徴です。
ライニングには、BEGG & CO 社のパープルのチェック柄を使用して、防寒性も完璧です。こちらのライニングは取り外しが出来ますので、外せば春先のスプリングコートとしてもお使い頂ける便利なコートです。 ¥188,000
d0155468_13132123.jpg

d0155468_13134117.jpg

d0155468_13140169.jpg

d0155468_13141708.jpg

d0155468_13143615.jpg

d0155468_13145705.jpg

d0155468_13152234.jpg

d0155468_13154031.jpg

d0155468_13155752.jpg


# by lacquerandc | 2016-12-08 12:44 | hitoshi's view | Comments(0)

あっという間に12月

いつもラクアアンドシーをお引き立ていただきまして有難うございます。
街のあちこち、テレビ、ラジオさらにはSNSなども含めて、おそらく多くの話の切り出しが、あっという間に12月です!とか、あとひと月で今年も終わりか!という決まり文句になってきましたね。
d0155468_16193235.jpg
がしかし、本当にみんなそう感じてるの?と思ってしまいます。
私自身、この一年の間には楽しいことも悲しいこともありましたが、特にオンというか仕事の方で感じるのは、やっと12月まで来たかー、ふっーというのが実感です。忙しい日もあれば誰も入って来られない日もあります。すごく焦ります・・・
でも、歳とともに図々しくなったのか、いつもとぶれない気持ちと態度?で店にいると、お客さんが入ってきてくれます。
d0155468_16212259.jpg
常連の方はもちろんのこと、今年も色々な新しいお客さんに来てもらいました。色々な服を作らせてもらいました。
そうして一つひとつ思い返してみると、私にとって12月はあっという間にやって来たのではないのでした。
d0155468_16214129.jpg
おかげさまで、ここまで大きな失敗も無く(小さいのはいつもxxx)やって来られたし、あともう少し落ち着いて!20年以上もインフルエンザの予防接種も受けていないし、風邪には気を付けて!という12月のスタートです。
日暮れがいよいよ早くなり、5時を前に真っ暗ですが、月末頃には今より10分程は日が長くなるのを知っています。ちょっとうれしい気持ちになります。
とりとめのないことを書きましたが、次回からはまた、hitoshi's view でワクワクする商品を紹介して行きたいと思います。

# by lacquerandc | 2016-12-02 16:29 | Comments(0)