ブログトップ | ログイン

FASHION murmur

lacquer817.exblog.jp

カテゴリ:hitoshi's view( 244 )

ENGLISH SILK TIES BY VANNERS SILK WEAVERS SPITALFIELDS S/S 2017

イギリスにおけるジャガードシルクの一大産地、スパイタルフィールズを代表する老舗であるVANNERS SILK WEAVERS 社より直接生地を買い付けて、オリジナルのネクタイを製作致しました。VANNERS 社のアーカイブコレクションの中からフラッグ柄を用いて、私達の色のリクエストとグランドの織地を統一したもので織ってもらい、ラクアアンドシーのオリジナルシェイプで仕上げました。英国のクラブタイに象徴される伝統的なものですが、すっきりとした柄と洗練された色合いによって現代的なものに仕上ったと思います。特にチェックなどの柄物の上着やシャツに合わせてもすっきりとまとまり、コーディネイトし易くてお勧めです。 ¥19,000
d0155468_14212679.jpg

d0155468_14214915.jpg

d0155468_14220870.jpg

d0155468_14222898.jpg

d0155468_14224891.jpg

P.S インスタグラムを開設致しました。ご興味のある方はご覧下さい。ippei_nishiguchi_lacquer_and_c
d0155468_14242307.jpg
先日 JAPANESE DANDY MONOCHROME と言う写真集が出版されました。ラクアアンドシー代表の西口が掲載されておりますので、ご機会ございましたらご一読下さい。
d0155468_20425323.jpg
d0155468_16490960.jpg






by lacquerandc | 2017-05-20 14:07 | hitoshi's view | Comments(0)

ENGLISH SILK TIES BY ADAMLEY DAVID EVANS & CO. MACCLESFIELD

イギリスにおけるハンドプリントシルクの一大産地、マックルズフィールドを代表する老舗であるADAMLEY 社より、直接生地を買い付けてハンドプリントの50ozシルクでオリジナルネクタイを製作致しました。通常ADAMLEY 社の中でも36ozからヘビーウェイトになりますが、その中でも50oz ROYAL TWILL を使用して、ラクアアンドシーのオリジナルシェイプで仕上げました。50oz 独特の素晴らしい締め心地が味わえます。¥19,000
d0155468_12184327.jpg

d0155468_12190495.jpg

d0155468_12192142.jpg

d0155468_12193632.jpg

d0155468_12195225.jpg

d0155468_12201826.jpg

d0155468_12204562.jpg

d0155468_12210692.jpg

d0155468_12213459.jpg
スタンダードの極みと言えるドット柄も、色が集まってくると格好良いです。この様なシャツに合わせたくなってきました‼️
d0155468_12324164.jpg
P.S インスタグラムを開設致しました。ご興味のある方はご覧下さい。ippei_nishiguchi_lacquer_and_c

by lacquerandc | 2017-05-14 12:04 | hitoshi's view | Comments(0)

BRAND NEW TIES FROM NAPLES ITALY FOR S/S 2017

英国DAVID EVANS 社のハンドプリントシルクを用いて、ナポリならではのピエーゲで仕上げました。オーセンティックなドット柄と、モダンな小紋柄をご用意致しました。 ¥29,000
d0155468_13515065.jpg

d0155468_13523725.jpg

d0155468_13525900.jpg

d0155468_13541041.jpg

d0155468_13551564.jpg

d0155468_13553533.jpg

d0155468_13561561.jpg

P.S インスタグラムを開設致しました。ご興味のある方はご覧下さい。
ippei_nishiguchi_lacquer_and_c
d0155468_13580484.jpg



by lacquerandc | 2017-05-13 13:46 | hitoshi's view | Comments(0)

BRAND NEW TIES FROM ITALY FOR S/S 2017 PART 2

続きましてイタリア製オリジナルネクタイの新作をご紹介します。
d0155468_14461286.jpg
大判のペイズリーのプリントタイは、オールドファッションなテイストが持ち味です。洗練された色合いで表現しました。
プリントの小紋柄は、逆にモダンなテイストのものを選びました。
d0155468_14495091.jpg
素材感のあるジャガードのストライプタイは、配色の良い趣味性のあるものをご用意しました。 ¥15,000
d0155468_14525006.jpg

d0155468_14531204.jpg

d0155468_14532894.jpg

d0155468_14535181.jpg

d0155468_14541221.jpg

d0155468_14542835.jpg

P.S インスタグラムを開設致しました。ご興味のある方はご覧下さい。
ippei_nishiguchi_lacquer_and_c
d0155468_15041913.jpg

by lacquerandc | 2017-04-28 14:43 | hitoshi's view | Comments(0)

BRAND NEW TIES FROM ITALY FOR S/S 2017 PART 1

イタリア製のオリジナルネクタイの新作をご紹介します。オーセンティックなレップのストライプタイと、イタリアのコモを代表する素材であるグレナディンを用いたストライプタイをご用意しました。
d0155468_14591993.jpg

d0155468_15032853.jpg
ガーゼの様な凹凸のある素材は清涼感があり、前回ご紹介しましたシャンタンと共に、これからのシーズンにお勧めです。素材感とは裏腹に、シャープなストライプに仕上げました。 ¥15,000
d0155468_15040577.jpg

d0155468_15042176.jpg

d0155468_15044606.jpg

d0155468_15050856.jpg

d0155468_15052534.jpg

d0155468_15054372.jpg

d0155468_15060054.jpg

d0155468_15062272.jpg

d0155468_15064015.jpg

d0155468_15065758.jpg

P.S インスタグラムを開設致しました。ご興味のある方はご覧下さい。
ippei_nishiguchi_lacquer_and_c
d0155468_19112057.jpg


by lacquerandc | 2017-04-27 14:54 | hitoshi's view | Comments(0)

BRAND NEW TIES FROM FRANCE FOR S/S 2017

フランス製オリジナルのネクタイをご紹介します。発色の良いモチーフプリントやシックなジャガードに加え、久しぶりにシルクシャンタンをご用意しました。レップの入るシャンタン特有の風合いは、これからの季節にお勧めです。¥17,000
d0155468_11190369.jpg

d0155468_11192288.jpg

d0155468_11194721.jpg

d0155468_11200614.jpg

d0155468_11202255.jpg

d0155468_11210615.jpg

d0155468_11214329.jpg

d0155468_11220008.jpg

d0155468_11221714.jpg

d0155468_11223381.jpg

d0155468_11225740.jpg

P.S インスタグラムを開設致しました。ご興味のある方はご覧下さい。
ippei_nishiguchi_lacquer_and_c
d0155468_12341736.jpg

by lacquerandc | 2017-04-25 11:11 | hitoshi's view | Comments(0)

SUPREMELY ELEGANT SHOES 2

昨年の8月にご紹介して、ご好評頂きました私達のフルオリジナルのドレスシューズにニューモデルが加わりました。
d0155468_11281029.jpg
MODEL : CONRAD
MATERIAL : SUEDE BY CHARLES F. STEAD
COLOR : DARK BROWN
SIZE : 6 ~ 9
d0155468_11322755.jpg
スコティッシュハイランドに由来するフルブローグのモデルを、趣味性のある都会的なデザインで表現しました。
アッパーには、起毛素材に定評のある英国を代表するタンナーである CHARLES F. STEAD社 の、質感の良いスエードを使用しています。
d0155468_11410078.jpg

d0155468_11411986.jpg

d0155468_11413702.jpg
傾斜を付けたピッチドヒール

d0155468_11425551.jpg
MODEL : ALBERT
MATERIAL : SUEDE BY CHARLES F. STEAD
COLOR : NAVY
SIZE : 6 ~ 9
d0155468_11453316.jpg
こちらは GOLOSH と呼ばれるロングバンプを用いたセミブローグのデザインです。レースステイに沿ってスワンネックのシンプルなブローギングを入れています。アッパーには、英国的なトラディショナルにはあまり見られないネイビーのスエードを選びました。こちらのスエード素材も、CHARLES F. STEAD 社 のものになります。
d0155468_11511407.jpg
括れたベベルドウェストと、バイカラー仕上げ
内張に付くウインドウ

d0155468_11540605.jpg
MODEL : ALBERT
MATERIAL : BOX CARF BY CARL FREUDENBERG
COLOR : BLACK
SIZE : 6 ~ 9
d0155468_11590539.jpg

d0155468_11593041.jpg
今は無き、ドイツボックスカーフを代表する CARL FREUDENBERG社のクロームなめしによる安定感のある整った銀面と、腰のある風合い
d0155468_11594993.jpg
やや深めの位置に押されたオリジナルスタンプ
d0155468_12001383.jpg
MODEL : ALBERT
MATERIAL : BOX CARF BY CARL FREUDENBERG
COLOR : DARK BROWN
SIZE : 6 ~ 9
d0155468_12022521.jpg
そして、今回ご予約でお待ち頂いていた方々の分を含めた追加生産の CARL FREUDENBERG社 のデッドストックを使用した2色も、合わせて出来上がってきました。ご興味のある方は、サイズが揃っているうちにご覧下さい。
d0155468_12165850.jpg
前回同様に、全モデルグッドイヤーウェルティングマシンによる製法では無く、手縫いによるハンドソーンウェルティング製法で作られています。コバに入る底付けの出し縫いはマシンによるものですので、俗に言う9分仕立てになります。捨て寸を長めにとってウェストの括れを出した、インサイドストレートのビスポークのラストに近いものを用いています。伸びやかな全長のあるラストですが、昨今のロングノーズのデザインとは違い、オールドスタイルのビスポークの様に履き口とノーズの長さを1対1の比率で作っているのが特徴です。これによって非常にエレガントなバランスに仕上がっています。 ¥69,000
d0155468_12284725.jpg

P.S インスタグラムを開設致しました。ご興味のある方はご覧下さい。
ippei_nishiguchi_lacquer_and_c
d0155468_12313574.jpg






by lacquerandc | 2017-04-15 11:24 | hitoshi's view | Comments(0)

ECLECTIC STYLE BETWEEN MODERN AND CLASSIC WITH ENGLISH BLOUSON

英国で特別に製作致しましたブルゾンをご紹介します。コットン × ナイロンの張りのあるツイル地を用いた、やや着丈のあるモデルです。サイドアジャスターの付いたクラシックなゴルファージャケットをベースにしながらも、コンテンポラリーなものに表現しました。クラシックやモードの垣根を越えて、どちらでもありながらどちらにも属さない包括的な着こなしがイメージです。 ¥48,000
d0155468_18202982.jpg
NAVY

d0155468_18210438.jpg

d0155468_18221290.jpg
SAND

d0155468_18224053.jpg
BLACK

d0155468_18225861.jpg

d0155468_18262941.jpg

d0155468_18265391.jpg

d0155468_18271295.jpg

d0155468_18272928.jpg
表地に合う色のパイピングを裏側に施した一枚仕立ての仕様です。脇下にはベンチレーションを付けています。
d0155468_18301795.jpg

d0155468_18304278.jpg

d0155468_18310056.jpg

d0155468_18311674.jpg

d0155468_18315489.jpg

d0155468_18321036.jpg

d0155468_18322645.jpg
まるでスーツのVゾーンの様なエレガントなボウタイのスタイルをお勧めします。足元はビットローファーや、洗練されたレザースニーカーなどはどうでしょうか。
d0155468_18361913.jpg

d0155468_18363504.jpg
モードなTシャツにスカーフの組み合わせも現代的だと思います。足元はビットローファーが良さそうです。
d0155468_18382368.jpg


P.S インスタグラムを開設致しました。ご興味のある方はご覧下さい。ippei_nishiguchi_lacquer_and_c
d0155468_18411273.jpg








by lacquerandc | 2017-04-08 18:09 | hitoshi's view | Comments(2)

CONTEMPORARY CLASSIC KNITTED TIE FROM ITALY

d0155468_12042870.jpg
新しい編地のニットタイを作りました。今回はクラシックなスクエアエンドの仕様でモダンな編地をリクエストしました。
d0155468_12071778.jpg

d0155468_12073460.jpg
春らしい明るい色からダークカラーまで、全9色展開です。 ¥14,000
ここ数シーズン、積極的にニットタイのバリエーションを増やして来ました。クラシックなものからコンテンポラリーなものまで種類や色数を豊富にご用意しておりますので、様々なコーディネイトにきめ細かく対応出来ると思います。是非一度ご覧ください。
d0155468_12164064.jpg

d0155468_12165870.jpg
P.S インスタグラムをスタートしましたので、ご興味のある方はご覧下さい。
ippei_nishiguchi_lacquer_and_c
d0155468_12235427.jpg


by lacquerandc | 2017-04-04 12:02 | hitoshi's view | Comments(7)

ENGLISH SIDE ELASTIC BROGUE SHOES

英国ノーザンプトン有数のファクトリーにリクエストして製作致しました、新作のドレスシューズをご紹介します。今回は、鮮やかなグリーンのアニリンカーフを用いたサイドエラスティックのフルブローグのデザインです。昨年製作しましたネイビーのサイドエラスティックのセミブローグもご好評頂き、その追加生産の分も合わせて出来上がって来ました。
d0155468_17103099.jpg

d0155468_17110171.jpg
英国的なビスポークのアーカイブデザインをモチーフにしたモデルであり、色合いも含めてなかなかスタンダードには見られないものに仕上がりました。
d0155468_17143117.jpg

d0155468_17145197.jpg

d0155468_17161061.jpg

d0155468_17163000.jpg

d0155468_17172871.jpg

d0155468_17174942.jpg

d0155468_17204312.jpg

d0155468_17210530.jpg

d0155468_17181688.jpg

d0155468_17183529.jpg

d0155468_17194915.jpg

d0155468_17201222.jpg
昨今のロングノーズの様に履き口を狭くしてノーズを長く設けるのではなく、元来のビスポークの様に履き口とノーズの比率が1対1に出来ているのが特徴です。これによって非常にエレガントなバランスに仕上がっています。捨て寸があり、シェイプの効いた全長のある流麗なフォルムで、通常のドレスシューズよりもウエストが括れたグラマラスなイングリッシュラストを用いています。
d0155468_17305013.jpg

d0155468_17311143.jpg
デザインのテイストを活かしてオーセンティックな英国的スーツに合わせても良く、色味の良さを活かしたエキセントリックでクラシックな装いにもぴったりです。黒や茶色といったスタンダードな色合いが英国靴のイメージにありますが、一方ではフランスのパリにある自由な色彩感覚の英国的テイストの靴は、ファッションを感じさせる様に思います。フランスのタイユールにある様なイメージのスーツに、センシティブな色彩感覚でこの様な靴を合わせられたら格好良いのではないでしょうか。オーセンティックな装いにも、アバンギャルドな装いにもマッチする自信作に仕上がりました。 ¥88,000






by lacquerandc | 2017-03-22 17:02 | hitoshi's view | Comments(0)