ブログトップ | ログイン

FASHION murmur

lacquer817.exblog.jp

カテゴリ:hitoshi's view( 289 )

70's ~ 80's TASTE PRINTED SILK TIES & HANKS MADE IN ITALY ESPECIALLY FOR lacquer&C.

70年代から80年代にかけてのイメージの生地を用いたイタリア製のオリジナルタイと、ポケットチーフをご紹介します。この時代の全盛期の Emilio Pucci を彷彿させる、ボールドで色彩豊かなポップなビンテージテイストをモチーフに作りました。シックなスーツに良く合い、スポーティーな素材のジャケットにも合わせて頂けます。こちらも私達のリクエストによる10cm幅のワイドボトルネックシェイプに仕上げています。 TIES ¥16,000 HANKS ¥8,000
d0155468_16205901.jpg

d0155468_16211819.jpg

d0155468_16222354.jpg

d0155468_16225196.jpg

d0155468_16231846.jpg

d0155468_16234144.jpg

d0155468_16240751.jpg

インスタグラムを開設致しました。ご興味のある方はご覧下さい。ippei_nishiguchi_lacquer_and_c

d0155468_16254691.png

by lacquerandc | 2018-02-16 16:09 | hitoshi's view | Comments(0)

70's ~ 80's TASTE PRINTED SILK TIES MADE IN FRANCE ESPECIALLY FOR lacquer&C.

70年代から80年代にかけてのイメージの生地を用いたフランス製のオリジナルタイをご紹介します。イギリスやイタリアにはあまり見られない柄で、HERMES や GUCCI に代表されるビットのモチーフ柄や、CHARVET に見られるマルチな幾何学柄をイメージしています。シックなスーツに良く合い、スポーティーな素材のジャケットにも合わせて頂けます。こちらも私達のリクエストによる10cm幅のワイドボトルネックシェイプに仕上げています。 ¥17,000
d0155468_15365990.jpg

d0155468_15372933.jpg

d0155468_15374882.jpg

d0155468_15380643.jpg

P.S インスタグラムを開設致しました。ご興味のある方はご覧下さい。ippei_nishiguchi_lacquer_and_c

d0155468_15391678.png


by lacquerandc | 2018-02-07 15:25 | hitoshi's view | Comments(0)

NEAPOLITAN HANDMADE TIES by E.G.CAPPELLI ESPECIALLY for lacquer&C.

英国 ADAMLEY DAVID EVANS社のハンドプリントシルクを用いた、ナポリ製ハンドメイドのオリジナルタイをご紹介します。私達のリクエストによる10cm幅のワイドボトルネックシェイプに仕上げています。 ¥23,000 ¥25,000(ANCIENT MADDER PRINT SILK)
d0155468_18161081.jpg

d0155468_18163488.jpg

d0155468_18165610.jpg

d0155468_07041908.jpg

d0155468_18171679.jpg

P.S インスタグラムを開設致しました。ご興味のある方はご覧下さい。ippei_nishiguchi_lacquer_and_c

d0155468_18183491.png

by lacquerandc | 2018-02-01 18:07 | hitoshi's view | Comments(0)

MAGNIFICENT VINTAGE FABRICS OF GOLDEN AGE FROM ENGLAND

昨年に続きまして、イギリスでストックされている上質で世界的に希少なビンテージファブリックを管理されているマーチャントのコレクションをご用意することができました。ゴールデンエイジと言われる最もファッションが豊かな時代のコレクションであり、その頃の上質なビンテージファブリックがミントコンディションの状態でストックされています。DORMEUIL のSPORTEX や TOWNTEX を筆頭に、MOXON 黄金期のビンテージスーティング、今は無き TAYLOR & LITTLEWOOD など、その時代のテイストを色濃く残すビンテージを代表する素晴らしい生地コレクションです。それは世界的に見ても希少性は疑いようの無いところで、近年のビンテージファブリックへの目の向き方は著しく、日を追うごとにビンテージの価値は上がる一方です。それに伴いストックが無くなり、さらに希少な物になっています。皆さんにとって魅力的で取り扱いたい垂涎の生地ばかりですが、使い切ると終わる限られた物です。その時代ならではの品質の部分に持ち味があるのは当然なのですが、ただ品質だけに特化したりビンテージなら何でも良いと言うのとは違います。私達の目線は、その当時のメンズのテイラードクロージングのイマジネーションの豊かさから来るファッションの表現力やテイストの良さが、今の私達の方向性にシンクロするところが多く感じられるからです。表現力の豊かな色柄や風合いと、品質の良さが味わえる素晴らしいコレクションがご覧頂けます。
会期 東京店 本日1月21日 日曜日から、31日 水曜日まで
大阪店 2月 2 日 金曜日から、11 日 日曜日まで

コレクションの一部をご紹介致します。
d0155468_12304126.jpg

d0155468_12311160.jpg

d0155468_12313447.jpg

d0155468_12321202.jpg

d0155468_12323945.jpg

d0155468_12325803.jpg

d0155468_12331990.jpg

d0155468_13300921.jpg

d0155468_12335985.jpg

d0155468_12342226.jpg

d0155468_12344635.jpg

d0155468_12350817.jpg

d0155468_12352867.jpg

d0155468_12354756.jpg

d0155468_12360813.jpg

d0155468_12362877.jpg

d0155468_12364945.jpg

d0155468_12371015.jpg

d0155468_12373365.jpg

d0155468_12375451.jpg

d0155468_12384769.jpg

d0155468_12391554.jpg

d0155468_12393428.jpg

d0155468_12395415.jpg

d0155468_12401476.jpg

d0155468_12403394.jpg

d0155468_12405412.jpg

d0155468_12411966.jpg

d0155468_12413607.jpg

d0155468_12415849.jpg

d0155468_12421924.jpg

d0155468_12423947.jpg

d0155468_12425931.jpg

d0155468_12431984.jpg

d0155468_12434177.jpg

d0155468_12435942.jpg

d0155468_12442526.jpg

d0155468_12445133.jpg

d0155468_12451439.jpg

d0155468_12453376.jpg

d0155468_12461923.jpg

d0155468_12472275.jpg

d0155468_12474257.jpg

d0155468_12484095.jpg

d0155468_12490160.jpg

d0155468_12492610.jpg

d0155468_12495470.jpg

d0155468_12501618.jpg

d0155468_12504685.jpg

d0155468_12511063.jpg

d0155468_12513288.jpg

d0155468_12515602.jpg

d0155468_12522922.jpg

d0155468_12525646.jpg

d0155468_12531627.jpg

d0155468_12533576.jpg

d0155468_12535327.jpg

d0155468_12541509.jpg

d0155468_12544031.jpg

d0155468_12550037.jpg

d0155468_12552203.jpg

d0155468_12554357.jpg

d0155468_12560154.jpg

d0155468_12561945.jpg

d0155468_12564228.jpg

d0155468_12570246.jpg

d0155468_12572461.jpg

d0155468_12574532.jpg

d0155468_12580522.jpg

d0155468_12582799.jpg

d0155468_12584835.jpg

d0155468_12590539.jpg

d0155468_12592756.jpg

d0155468_12594688.jpg

d0155468_13000720.jpg

P.S インスタグラムを開設致しました。ご興味のある方はご覧下さい。ippei_nishiguchi_lacquer_and_c

d0155468_13012284.png

by lacquerandc | 2018-01-21 11:48 | hitoshi's view | Comments(2)

PURE SHETLAND WOOL BAL COLLAR RAGLAN SLEEVE OVERCOAT EXCLUSIVELY FOR lacquer&C .

素朴で軽く柔らかな風合いのシェットランドツイードを用いたバルカラーコートを作りました。前回ご紹介致しましたネイビーのウール地を用いたバルカラーコートと同じく、オーセンティックな用尺をたっぷりとった膝丈のAラインコートです。こちらはチンストラップを付けたファンクショナルなディテールに仕上げました。テイラードショルダーとはまた異なるショルダーラインの柔らかさや、膨らみのあるクラシックなAラインのシルエットは、様々な着こなしに調和します。¥98,000
d0155468_14344266.jpg

d0155468_14350145.jpg

d0155468_14351746.jpg

d0155468_14354408.jpg

d0155468_14360388.jpg

d0155468_14362208.jpg

d0155468_14364400.jpg

P.S インスタグラムを開設致しました。ご興味のある方はご覧下さい。ippei_nishiguchi_lacquer_and_c

d0155468_14375706.png

by lacquerandc | 2018-01-12 14:25 | hitoshi's view | Comments(0)

DUFFLE & CAR COAT MADE IN ENGLAND ESPECIALLY FOR lacquer&C.

イギリスで製作致しましたダッフルコートをご紹介します。膝丈でややA ラインシルエットのモデルです。オーソドックスなダッフルコートやモントゴメリーと呼ばれるサープラスのモデルと言うよりは、モダンフェイスなダッフルコートに仕上げました。¥78,000
d0155468_12204834.jpg
スラントしたフラップ付ポケット
d0155468_12212809.jpg
取り外し可能なフード
d0155468_12222937.jpg
リアルホーンによるトグル ネイビーの革編みによるフック
d0155468_12242395.jpg
ダブルフェイスのコート地 色を合わせたパイピングの始末
d0155468_12254829.jpg

d0155468_12270036.jpg

d0155468_12271817.jpg

d0155468_12275367.jpg

d0155468_12281495.jpg
もう一型、カーコートも作りました。こちらはやや肉感のあるツイルのコート地で、裏側はチェックのダブルフェイス素材です。¥59,000
d0155468_12322740.jpg

d0155468_12325769.jpg
内ポケット付き 色を合わせたパイピングの始末
d0155468_12342161.jpg

d0155468_12344580.jpg

d0155468_12351854.jpg

d0155468_12354189.jpg

d0155468_12360198.jpg

P.S インスタグラムを開設致しました。ご興味のある方はご覧下さい。ippei_nishiguchi_lacquer_and_c

d0155468_12374069.png




by lacquerandc | 2018-01-10 12:13 | hitoshi's view | Comments(0)

BAL COLLAR RAGLAN SLEEVE OVER COAT

コート用のダークネイビーのウール地を用いたバルカラーコートを作りました。オーセンティックな用尺をたっぷりとった膝丈のAラインコートです。
最近はウールのコートになると、チェスターコートやポロコートなどのテイラードショルダーのものが多くなりイメージされる様に思います。一方、ラグランスリーブのバルカラーコートはバーバリー地を想像しますが、昔はウールなどの用尺があってウェイトの感じられるラグランスリーブのトップコートもありました。バルカラーコート特有のファンクショナルなディテールを控えた、都会的なラグランスリーブのコートに仕上げています。テイラードショルダーとはまた異なるショルダーラインの柔らかさや、膨らみのあるAラインのシルエットによって、様々なコーディネートにさりげなくマッチします。 ¥98,000
d0155468_17341488.jpg

d0155468_17343638.jpg

d0155468_17345853.jpg

d0155468_17351707.jpg

d0155468_17354858.jpg

d0155468_17424623.jpg

d0155468_17430679.jpg
そしてもう一つは、Loro Piana 社の STORM SYSTEM の加工が施された軽いウール地を用いて、ベルテッドスタイルのコートを作りました。こちらはウールとはいえ軽く、あまり重さを感じさせない機能面を意識したコートです。レインコートの様なイメージをウールで表現しています。膝下丈のAラインシルエットになり、スラントしたフレイムドパッチポケットやチンストラップなどのファンクショナルなディテールが特徴です。 ¥98,000
d0155468_17535454.jpg

d0155468_17541691.jpg

d0155468_17545875.jpg

d0155468_17553046.jpg

d0155468_17560057.jpg

P.S インスタグラムを開設致しました。ご興味のある方はご覧下さい。ippei_nishiguchi_lacquer_and_c

d0155468_17570735.png



by lacquerandc | 2017-12-19 16:00 | hitoshi's view | Comments(2)

AUTHENTIC BULKY KNIT WEAR FROM GREAT BRITAIN

d0155468_14595904.jpg

d0155468_15002298.jpg
ラムウールの中でも最高峰といわれるジーロンラムウールの4PLY の糸を使用して、ケーブル編みの首回りにゆとりをとったオフタートルネックセーターを作りました。オーストラリアのジーロンに生息する品種の子羊の羊毛で、繊維が細くしなやかで、肌触りが良く保温性が高いのが特徴です。4PLY のザックリとしたローゲージの編みでありながら軽く快適にお召しいただけます。ジャケットやコートの中にも良く合います。 MADE IN SCOTLAND ¥35,000
d0155468_15120757.jpg

d0155468_15122727.jpg

d0155468_15124448.jpg

d0155468_15130595.jpg

d0155468_15132427.jpg

d0155468_15134158.jpg

d0155468_15135986.jpg
もう1つは、アイルランドのバージンウールを用いたアランセーターです。本来の生成りの色に加え、ネイビーもご用意しました。アランセーター独特の紋様が特徴の、素朴な風合いが持ち味です。 MADE IN IRELAND ¥28,000
d0155468_15175733.jpg

d0155468_15181430.jpg

d0155468_15183062.jpg

d0155468_15184927.jpg
どちらも素朴なニットでありながら、モダンな着こなしがイメージです。

P.S インスタグラムを開設致しました。ご興味のある方はご覧下さい。ippei_nishiguchi_lacquer_and_c
d0155468_15222822.png

by lacquerandc | 2017-12-13 14:58 | hitoshi's view | Comments(2)

BRUSHED SHETLAND a.k.a. ' SHAGGY DOG ' KNIT WEAR

久々にスコットランドのシャギードッグセーターを作りました。シャギードッグとは、シェットランドセーターをアザミのトゲで引っ掻いてむく犬の様に起毛させるスコットランドに伝統的にある技法です。薄くあま目に編まれたものを、軽く膨らみのある風合いに仕上げます。
アメリカの名店の1つで、アイビーリーガー御用達である J.PRESS 社の商標であり、古くから名品として定評のある商品です。自分達の中でも幾度かのリバイバルがあり、代表の西口が在籍していた大阪の伝説的なMEN'S STORE ナカガワクロージング時代の1985年が最初のタイミングになり、当時ROBERTSON 社のDONACHIE と言うブランドで扱っていたそうです。その頃J.PRESS のシャギードッグセーターは日本国内での流通がない珍しい商品で、メールオーダーか直接アメリカのお店に行かないと手に入らないもので、まだ西口が学生の頃の70年代後半にアメリカの J.PRESS で直接買った話を聞きました。
それから2回目のリバイバルは、ARISTOCRATICO 在籍時の2000年にイタリアのピッティ買い付けのときに、幾つかのスコットランドの会社が集まって出店していたブースがあり、その中から LAURENCE J.SMITH に依頼して作ってもらいました。
そして今回2017年に3度目になりますが、70年代後半から80年代初頭の世界的なブームだったプレップ感が今また良いと思えます。ビビットな色目や軽い感じは、その当時のアイコンである ANDY WARHOL やDAVID HOCKNEY 、KEITH HARING に代表されるニューヨークのポップな空気感を彷彿させて、いつも時代の最先端の感覚に寄り添えているものだと思います。2017年の今に置き換えても気分の良いエバーグリーンなものではないでしょうか。
今回のシャギードッグセーターは、シームレスのホールガーメントタイプのボディになり、シャギードッグとしては珍しいケーブル編みでリクエストしました。80年代当時 J.PRESSのシャギードッグセーターには、プレーンな編み地とケーブル編みの両方があったそうですが、他ではほとんどプレーンな編み地のものしか見られず、自分達にとっても今回が初めての取り扱いになります。ケーブルの編み地の柄がシームレスで編まれることにより、肩や見頃で柄が分断されることなく軽く柔らかい雰囲気が表現できています。 ¥24,000
d0155468_18162925.jpg

d0155468_18175996.jpg

d0155468_18182641.jpg

d0155468_18184778.jpg

d0155468_18193627.jpg

d0155468_18200355.jpg

d0155468_18202705.jpg

d0155468_18205127.jpg

d0155468_18211669.jpg

d0155468_18214102.jpg

d0155468_18220921.jpg

d0155468_18223821.jpg

d0155468_18230617.jpg

P.S インスタグラムを開設致しました。ご興味のある方はご覧下さい。ippei_nishiguchi_lacquer_and_c
d0155468_18243337.png




by lacquerandc | 2017-12-07 17:01 | hitoshi's view | Comments(3)

BRAND NEW TIES FROM FRANCE ESPECIALLY FOR lacquer&C.

d0155468_13323146.jpg

d0155468_13325830.jpg
SILK PRINTED TIE : ¥17,000
d0155468_13342847.jpg
REPP STRIPED TIE : ¥17,000

P.S インスタグラムを開設致しました。ご興味のある方はご覧下さい。ippei_nishiguchi_lacquer_and_c
d0155468_13365891.png

by lacquerandc | 2017-11-29 13:31 | hitoshi's view | Comments(2)